• 金属表面処理事業
  • 機能性樹脂事業
  • 環境事業
  • CS事業

フレキシブルシール状乾燥剤

フレキシブルシール状乾燥剤

TOP > 事業紹介 > 機能性樹脂事業 > フレキシブルシール状乾燥剤

機能性樹脂事業

金属表面処理事業

わずかな隙間にもフィット

  • わずかな隙間にもフィット
  • シール状
  • 相対湿度0%を保持

フレキシブルシール状乾燥剤

樹脂と乾燥剤が一体化した乾燥剤「ドライキープ」とは

ドライキープとは、“樹脂と乾燥剤が一体化した” 成形できる乾燥剤です。
樹脂と乾燥剤が一体化していますので、ドライキープを用いて成形した成形品自体が吸湿(湿気を吸う)機能を持ちます。そのため、乾燥剤の投入工程および投入スペースの削減や、スペースが限られた箇所の吸湿が可能となります。
こちらのページではフレキシブルシール状の相対湿度を0%に維持するシリーズをご紹介いたしております。

 

ドライキープシリーズ一覧 

 

フレキシブルシール状乾燥剤の特徴

容易に曲げられ、貼り付けできる乾燥剤

【フレキシブルシール状乾燥剤】は、その名の通り柔らかく、容易に折り曲げることができる吸湿機能をもったシール状の乾燥剤です。
当製品は最大1000mm幅で、これまで乾燥剤を設置できなかった狭いスペース部分にも充填や貼付ができます。
「湿気対策に困っている」「乾燥剤を入れるスペースがない」などの課題解決におすすめの製品です。
モーター関連部品の湿度・結露防止対策やLEDの湿度対策用途として、また電子機器や車載機器の除湿用途にてご使用いただいております。

200μmの隙間にも貼付可能

他のドライキープシリーズと異なる特長は「シール状」という点です。
【フレキシブルシール状乾燥剤】は粘着性のある「シール状」のため、狭い場所や垂直な場所などにも設置可能です。
金属やガラスなどに貼付可能となっており、はがした後も粘着剤の残存がありません。
なお、シールの台紙(セパレータ)を外さずに使用することでシート状乾燥剤として狭い場所に挿入することもできます。

『平成27年度京都エコスタイル製品』に「プラスチック状乾燥剤 ドライキープ」認定


成形品自体へ乾燥機能を付与できるドライキープは
●省資源化に貢献できる製品・技術であること
●製品の長寿命化へ繋げられる製品・技術であること

をご評価いただき、『平成27年度京都エコスタイル製品』へ認定されました。

成形品自体へ乾燥機能を持たせることができるドライキープを使用することで、乾燥剤投入が不要となり、省資源化へ貢献します。また、従来狭いスペースや限られた空間内など乾燥剤が投入できずに十分な湿度対策がとれず短寿命となっていた製品へも、湿度対策を施すことが可能となり、製品の長寿命化へ繋げることができます。
  

   

フレキシブルシール状乾燥剤の用途例

モーター湿気対策、LED包装、また自動車部品梱包などをご提案いたします。
シール状のため従来は設置が困難とされていた狭いスペースなどの湿気対策・除湿に効果を発揮します。

金属表面処理事業

モーター関連部品に

モーター関連部品の湿気対策・結露防止にご使用可能です。 内装部分に貼り付けることで、除湿機能を果たします。
金属表面処理事業

LEDなどの照明デバイスに

LEDの湿度対策にご使用いただけます。 照明デバイスの内装部分に貼り付けることで、結露防止や品質保持に貢献します。

フレキシブルシール状乾燥剤の性能データ

吸湿性能データ【フレキシブルシール状乾燥剤】

【フレキシブルシール状乾燥剤】は密封空間内で使用する場合、相対湿度0%近くまで湿度を下げることができます。
さらに当製品は温度変化に強いため、高温環境下(150℃以下)でも吸湿活動を行います。
【フレキシブルシール状乾燥剤】を使用することで、空間の防湿性が向上し、 設置対象製品の長寿命化にも貢献します。

ドライキープシリーズ【フレキシブルシール状乾燥剤】の性能

 

※容器内の相対湿度(RH)に変化がなくなった時点で開封し、RH100%の状態に戻し再度封をする操作を繰り返し、記録したデータです。

※こちらの数値は実測値であり、規定値ではありません。

ドライキープシリーズ一覧

当社ドライキープは、現在2種類をラインナップいたしております。相対湿度の維持度合いや吸湿スピード、形状など用途に合わせてお選びください。
下表から製品名をクリックしていただきますと各製品の特徴をご覧いただけます。

ドライキープシリーズ相対湿度主な特徴
ドライキープ 30% 密閉空間内の湿度を30%に維持可能
フレキシブルシール状乾燥剤 0%付近 密閉空間内の湿度を0%付近に維持可能
200μmの隙間にも貼付可能
シート状乾燥剤としての使用も可能

※使用環境・用途によっては維持できる相対湿度が記載を前後する可能性もございますが、まずは一度ご相談ください。

相対湿度を30%に維持するドライキープの詳細はこちらからご確認いただけます。

お問い合わせ