• 金属表面処理事業
  • 機能性樹脂事業
  • 環境事業
  • CS事業

KANEKA KanCapA™

高機能プロテインA クロマトグラフィーレジン KANEKA KanCapA

TOP > 事業紹介 > 環境事業 > ライフサイエンス > KANEKA KanCapA™

環境事業

高機能プロテインA クロマトグラフィーレジン
KANEKA KanCapATM

KANEKA,KanCapA,カネカ,プロテインA,protein A
抗体のFc領域に特異的に結合するように改変したProtein Aをリガントとする高機能アフィニティークロマトグラフィー用のセルロース担体です。 優れたアルカリ耐性と高い抗体結合容量があります。バイオ医薬品の研究開発に有用です。
※本製品は研究用です。臨床用途には使用できません。
※KANEKA KanCapAは、株式会社カネカの登録商標です。

KanCapA Ligandについて

天然型のProteinAのC末端ドメインは、抗体のFc領域だけでなく、Fab領域にも結合します。Protein Aが抗体のFc領域とFab領域の両方に結合している場合、抗体を溶出するには、酸性度の高い溶液が必要となります。

カネカKanCapAは、変異したProtein AのCドメインを五量体化させたタンパク質で、高アルカリ耐性を有し、Fab(Fragment Antigen Binding)への結合能が減少しています。そのため、マイルドな条件での抗体の溶出が可能となります。

KANEKA,KanCapA,カネカ,プロテインA,protein A

KANEKA KanCapA の特徴

アルカリ耐性が高いため、繰り返し洗浄し使用することが可能です

Protein Aのリガントの剥離もほとんどありません。
KANEKA,KanCapA,カネカ,プロテインA,protein A
Life cycle study
0.1Mまたは0.5MのNaOHでアルカリ性洗浄の繰り返し試験(左図)。
0.1M水酸化ナトリウムで繰り返し試験を行ったときの収率およびProtein Aの浸出(右図)
接触時間:15分、検出限界未満(1ppm未満)のリガンド浸出は1ppとしてプロット。

マイルドなpH条件(弱酸性)で抗体溶出できます

KANEKA,KanCapA,カネカ,プロテインA,protein A
溶出プロファイルの比較
5mg/mLのレジンに IgG をロード。 溶出条件:pH 3.5 または 3.0,Strip solution:1M Acetic acid.
カネカKanCapAは、 Fab結合部位がないため、狭いpH範囲でMabのすべてのタイプ(Mab A,Mab B,IgG)を溶出することができます。

高い抗体結合能を示します

KANEKA,KanCapA,カネカ,プロテインA,protein A
動的結合容量の滞留時間依存性
KANEKA,KanCapATMは4~6分の高い動的結合容量を示します。

マトリックス 高架橋セルロース
平均粒径※1 65~85μm
リガント 組換えProtein A(アルカリ耐性)
結合 還元的アミノ化
動的結合容量※2 ≧35mg(human polyclonal IgG/ml packed resin)
安定性 アフィニティクロマトグラフィー汎用試薬で安定
pH範囲 pH2~13
洗浄条件 0.1~0.5M水酸化ナトリウム
流速 最大500cm/h(層高:20~25cm)
滞留時間 ≧3min(推奨:4~6min)
保存条件※3 20%エタノールの懸濁液の状態で1~10℃で保存
  • 平均粒径は、累積体積分布の中間粒径です。
  • 5%動的結合容量は、前端分析(滞留時間3分)で測定しています。
  • 凍結禁止
お問い合わせ