• 金属表面処理事業
  • 機能性樹脂事業
  • 環境事業
  • CS事業

ハイス鋼・ダイス鋼上のCr系硬質皮膜除膜液

ハイス鋼・ダイス鋼上のCr系硬質皮膜除膜液

TOP > 事業紹介 > 金属表面処理事業 > 剥離剤 > ハイス鋼・ダイス鋼上のCr系硬質皮膜除膜液

剥離剤

カタログダウンロードはこちらPDF

ハイス鋼・ダイス鋼上のCr系硬質皮膜除膜液 エスツールCH-20T

工具鋼・金型鋼上のクロム系硬質皮膜除膜液、エスツールCH-20Tのご紹介です。
エスツールCH-20Tは、ハイス鋼・ダイス鋼上のCr系硬質皮膜を常温で、かつ短時間で除膜することができます。
そのため、再コーティングの前処理工程における残留コーティング膜の効率的な除膜・除去が可能です。

ハイス鋼上のCr系硬質皮膜を除膜処理(比較写真)

母材:SKH51 膜種:CrAlN

処理前

処理前

処理後

処理後

エスツールCH-20T の特徴

5分で1μmを除膜

従来市販品の除膜液は1μmの除膜に約1時間と長時間費やすことや、除膜速度の促進には薬液の加温が必要な点が作業効率低下の課題となっていました。CH-20Tは常温浸漬の処理条件で使用できるうえ、1μmを約5分で除去できるという飛躍的な除膜速度向上を実現しました。工具鋼や金型鋼上のCr系硬質皮膜を常温・短時間で除膜します。

 

シアン化合物を非含有

水質汚濁防止法の規制対象物質にも指定されているシアン化合物を含まない、ノンシアンタイプの製品です。

毒物及び劇物取締法に非該当

毒物及び劇物取締法に該当しない製品のため、薬液の保管管理性の向上にもつながります。

 

Cr系硬質皮膜を選択的に除膜

Ti系硬質皮膜は侵さず、Cr系硬質皮膜を選択的に除膜します。

 

 

使用方法

 防錆
(エスダイヤ FE-20T※)
水洗 除膜
(エスツール CH-20T)
水洗 乾燥


※母材の不動態皮膜が欠乏した状態であると、除膜液中で異常反応をおこす場合があります。そのため、前処理にエスダイヤFE-20Tを使用することで母材の孔食(局部腐食)を抑制します。

 

 

エスツールCH-20T (ハイス鋼・ダイス鋼上のCr系硬質皮膜除膜液)

性状 橙色酸性液体
適用母材・適用膜種

適用母材:SKH51、SKD11、SKD61
適用膜種:CrN、CrAlN、CrSiN、CrAlSiN、CrSiBN

設備・機械

耐熱性塩化ビニル、ポリエチレン、ポリプロピレンなどの処理槽を使用
局所排気装置の設置

廃液処理 廃液:都道府県知事の許可を受けた産業廃棄物処理業者に委託
水洗水:金属を取り除いてpH調整→BOD・CODを考慮して希釈排水
スラッジ:産業廃棄物として処理
注意事項

・ステンレス材やクロム系の合金、一部の金型材質においては腐食が起こる場合があります
 事前に端材やテストピース等でテストし、処理条件を確認の上でご使用ください
・エスダイヤ FE-20Tをエスツール CH-20Tへ持ち込まないよう水洗は入念に行ってください
・常温で保管をしてください
 沈殿や変色が起こった場合は使用しないでください
・取り扱い作業所には、局所排気装置を設けてください
・取り扱い中はゴム手袋等不浸透性の保護具を着用してください
・皮膚に付着した場合は、直ちに水で洗い、医師の診察を受けてください
・液が漏洩した場合は、中和剤(炭酸ナトリウム)を散布した後処理を行ってください
・除膜が完了した製品を長時間液中に放置することは避けてください
・貯蔵は、日光の直射を避け冷暗所に保存してください

 詳しくはカタログ をご覧ください。

 

お問い合わせ