• 金属表面処理事業
  • 機能性樹脂事業
  • 環境事業
  • CS事業

メーカー営業

社員紹介

TOP > 企業情報 > 採用情報 > 新卒採用 > 社員紹介 > メーカー営業

企業情報

 

研究開発部 機能性化学品事業課 川瀬 紀子

member

営業職(メーカー営業)

Q.

仕事内容は、やりがいは?

A.

自社製品である金属表面処理薬品の新規顧客の開拓、担当しているお客様のフォロー、それに関わる販売企画や市場調査が主な業務です。営業先は企業の研究部や製造技術部の方、地方の代理店様になります。
当社ではエリア担当制をとっており、担当地域のお客様や代理店様に訪問します。また、営業活動においては化学薬品の取り扱いや注意点の説明、技術資料作成も行います。
お客様が安心して薬品をご使用いただくために、研究員と連携して試作や評価を重ねることも業務の一つです。
新しい技術開発やものづくりに携わることはいつも刺激を受けますしお客様のお困り事や課題を自社の製品で解決できたときはやりがいを感じます。

Q.

当社に入社するきっかけ、志望動機は?

A.

当時、業界は「化学」に絞っていなかったですが、マイナビの会社紹介に「60年目のベンチャー」というキャッチコピーが使われていて惹かれました。ベンチャー企業に興味がありましたが、歴史と土台があるなかで、新しいことにチャレンジできる環境はとても魅力的だと感じ、会社説明会に行ったのがきっかけです。会社説明会では、社長やリクルーターの皆さんの雰囲気、働きやすそうな環境にも安心しましたし、業務内容についても、社会貢献度の高い仕事だと感じました。

佐々木化学薬品株式会社 機能性化学品事業課

佐々木化学薬品株式会社

研究開発部 機能性化学品事業課 川瀬紀子
2008年入社

Q.

説明会や選考会で抱いた会社へのイメージは?

A.

多くの社員の方が説明会に来ていて、やる気を感じました。
社員の方が気さくに話しかけてくださり、明るい感じとアットホームさも感じました。
化学薬品に対する不安があったので、選考会後の質問会では薬品の取り扱いの危険性や、文系出身でも営業として勤めることができるのかを質問しました。社員の方から、「仕事をしながら学んでいけるので大丈夫」と聞いていたので、化学の知識がないことへの不安は解消されました。

Q.

入社前のイメージと入社後の違いは?

A.

入社前は営業の仕事として、「大学を回って学生さんと話す」というイメージが強かったですが、実際に入社してみると自社製品の研究開発や製造設備も充実していたことが分かりました。そして、3カ月間の研修後に配属が決まったのが、当時発足されたばかりの研究開発部でした。専門性の高い仕事をされているお客様が多いので高度な質問を受けたり、専門的な仕事が務まるか不安でした。配属後、分からないことがあると上司や先輩が親身になって教えくださったので、「しっかり覚えて返さないと」という意識が芽生えました。入社から10年が経ち、多くの知識や経験を重ねていますが、今でも「仕事がもっとできるようになりたい」と思って続けられています。

Q.

仕事での嬉しかったエピソードは?

A.

ホームセンター向けの企画商品を作ったことは思い出に残っています。ホームセンターへの商品のプレゼンやパッケージ制作、企画書の作成など大変で、商品がお店に並ぶまでに半年以上かかりました。最終的には北陸を中心に「中性サビ取り剤」を販売することができました。実際に陳列棚に商品が並んだときは感動しました。前例の無いことでも、挑戦させてもらえる環境が嬉しかったです。

Q.

お気に入りの休日の過ごし方は?

A.

社会人になってからアウトドア用品を集めはじめたので、キャンプや登山に出かけることが楽しいです。1泊か2泊ぐらいで友達と休みを満喫しています。社内には、アウトドアが好きな方も多いので、会社でアウトドア部を作りたいと思っていて、釣りやキャンプなどの活動をしたいなと思っています。

Q.

就職活動中の学生へ応援メッセージをお願いします!

A.

就職活動は自分次第です。私は大学時代の職業体験で、自分の好きなことを仕事にすると、視野が狭くなり、頑固になりそうだと実感したので、あえて未経験のことを仕事にしようと思い就職活動をしていました。今は、インターンシップで色々な職業を体験できるので、一度やってみて趣味と仕事の違いを経験するといいかもしれませんね。