• 金属表面処理事業
  • 機能性樹脂事業
  • 環境事業
  • CS事業

KANEKA KanCap™G

高機能プロテインG クロマトグラフィーレジン KANEKA KanCap™G

TOP > 事業紹介 > 環境事業 > ライフサイエンス > KANEKA KanCap™G

環境事業

KANEKA,KanCapG,カネカ,プロテインG,protein G

 

 

新規プロテインGプレパックカラム KANEKA KanCap™G

KANEKA KanCap™Gは、ヒト抗体イムノグロブリンのCH1領域への親和性を高めた新規Protein G担体です。

本製品はKanCap™Gを充填したアフィニティー精製用カラムです。ヒトFab、ヒトF(ab')2フラグメントおよび全長のヒト抗体イムノグロブリン精製に最適です。

 

※本製品は研究用です。臨床用途には使用できません。

※KANEKA KanCap™は、株式会社カネカの登録商標です。

 

抗体の構造について

KANEKA,KanCapG,カネカ,プロテインG,protein G

KANEKA KanCap™Gの特長

ヒトFabフラグメントに対して高いアフィニティーを示す新規Protein Gを使用しています。

KANEKA,KanCapG,カネカ,プロテインG,protein G

KANEKA KanCap™GのプロテインGリガンド

 

KANEKA KanCap™GのプロテインGリガンドは、κ鎖タイプ、λ鎖タイプのどちらのFabフラグメントに対しても高いアフィニティーを示します。

 

ヒトFab、F(ab’)2フラグメントだけでなく、全長抗体の精製も可能です。

本製品はセルロースベースのレジンを使用しています。

KANEKA KanCap™Gと他社製品の比較

KANEKA,KanCapG,カネカ,プロテインG,protein G

3種類のFabフラグメントを試料とし、KANEKA KanCap™Gまたは他社Protein G アガロースカラム(Company A / B)を用いてDBC(Dynamic binding capacity:動的結合容量)を比較。

各Fabの由来
Fab(A):monoclonal chimeric IgG1由来

Fab(B):polyclonal human IgG由来(κ鎖タイプおよびλ鎖タイプを含む)

Fab(C):monoclonal humanized IgG1由来

 

KANEKA KanCap™Gを使用した精製例

KANEKA,KanCapG,カネカ,プロテインG,protein G

Fabを含む酵母培養上清を試料とし、KANEKA KanCap™Gを用いて精製。

各ステップで得られた画分は非還元処理(Non-Reduced)条件下でSDS-PAGEを行った。

KANEKA KanCap™Gでの精製により、完全なFabフラグメントのみが溶出されており、酵母培養上清中に含まれる軽鎖モノマーは含まれないことがわかる。
M:マーカー、1:酵母培養上清、2:フロースルー、3:洗浄、4:溶出

 

 

新規プロテインGプレパックカラム KANEKA KanCap™G

マトリックス 高架橋セルロース
平均粒径 65~85μm
リガンド 組換え体Protein G
結合 エポキシによる結合
動的結合容量 >25mg/mL(ヒトFab)
安定性 既存アフィニティー担体に用いるバッファーの使用において安定
pH範囲 pH2~9(Short term)
洗浄条件 6M~8M尿素、6Mグアニジン塩酸塩
流速

<100cm/h (1mL プレパック)

<500cm/h (5mL プレパック)
滞留時間 ≧2min(推奨:3~6min)
保存条件

保存温度:1~10℃

保存用緩衝液:20%エタノール水溶液

プレパックカラムのサイズ

1mL:8mm I.D.×20mmH

5mL:8mm I.D.×100mmH
耐圧 30bar
耐薬品性 既存のアフィニティー担体に用いるバッファー類に耐薬品性あり
お問い合わせ