TOP > 製品に込めた想い > お客様の作業環境を快適にしたい! 中性サビ取り剤『エスクリーンS-800FR』

佐々木化学薬品の開発者に聞く!-製品に込めた想い-

Vol.9 お客様の作業環境を快適にしたい!中性サビ取り剤『エスクリーンS-800FR』

  

鉄・銅および銅合金のサビを除去 『エスクリーンS-800FR』開発秘話

『エスクリーンS-800FR』誕生のきっかけ

数ある当社製品のなかでも、お問い合わせをいただくことの多い人気製品『エスクリーンS-800FR』
本製品の“FR”は、Fragrance Reduction(におい低減)の意味から名付けられており、その名通り従来品の性能はそのままに臭気を改善した製品です。

従来品である『エスクリーンS-800』は長年多くのお客様にご使用いただいてきた当社を代表する金属表面処理薬品ですが、「薬品の独特なにおいがきついね」とのお声を多数いただいておりました。

「においのキツさが、お客様の現場で負担となっている。当社の製品を使用いただくのに、このままではいけない!」
そうした想いから臭気改善の開発に取り組み、2012年に完成したものが『エスクリーンS-800FR』なのです。
開発期間、約1年半―。
その間には、大きな課題や苦悩がありました。

 

  

臭気を改善するには!?技術開発者の苦悩

いざ、臭気改善型を開発する!と言っても、従来品の性能を失わずに臭気の課題のみを解決することは、簡単なことではありませんでした。

「時間経過、液温度や気温の変化などによって製品のにおいが変わってしまうのです。どんな環境でもにおいが変わらないよう、何百種類もある製造パターンのなかから、一番安定させる方法を見つけるのが本当に大変でした。」
と、開発責任者は語ります。

また『エスクリーンS-800FR』はどういったにおいを目指すか、といった課題もありました。
お客様に負担をかけない製品を作りたい。しかし、あまり身近なにおいにすると、こぼれた時などに薬品かどうか判断ができなくなってしまう危険もあるのです。
お客様にとって最適なにおいを検証するため、当時開発に携わっていた女性技術員は70種類もの試作品の傍らにコーヒーを置き、交互に嗅ぎながら選定を進めるといった手法を使っていたそうです。
粘り強い実験を行うなかで協力してくださる企業様も現れ、ついに完成した製品が現在の『エスクリーンS-800FR』でした。
薬品のにおいは残しつつ、ほのかに石鹸に似たにおいがする製品へと仕上がりました。

全てはお客様の作業環境を快適にするため。
『エスクリーンS-800FR』のにおいでも、薬品を使い慣れないお客様にとっては不快に感じるかもしれませんが『エスクリーンS-800FR』は、より安心で安全な作業環境をお客様にお届けしたいという技術者のお客様に対する想いが詰まった製品なのです。

 

『エスクリーンS-800FR』今後の更なる課題は?

現在『エスクリーンS-800FR』は、従来品と同様に薬品リサイクルができる製品としてお届けできるよう、更なる技術開発に取り組んでおります。
お客様にやさしい製品として開発された『エスクリーンS-800FR』
今後も多くのお客様にご愛用いただけるよう、次なるステップとして、より環境にやさしい製品となる進化を続けております。

 
 
製品情報を見る
 
開発秘話一覧へ戻る