• 金属表面処理事業
  • 機能性樹脂事業
  • 環境事業
  • CS事業

チタン・チタン合金用酸化皮膜除去剤

チタン・チタン合金用 酸化皮膜除去

TOP > 事業紹介 > 金属表面処理事業 > 酸化皮膜除去剤・溶接焼け除去剤・サビ取り剤 > チタン・チタン合金用酸化皮膜除去剤

酸化皮膜除去剤・溶接焼け除去剤

カタログダウンロードはこちらPDF

チタン・チタン合金用酸化皮膜除去剤 エスクリーンS-109

エスクリーンS-109は、チタン・チタン合金用の酸化皮膜除去剤です。液体に浸漬するだけで処理できるエスクリーンS-109は、メガネフレームや歯科治療器具の酸化皮膜除去など幅広い業界でご活用いただいております。

チタン・チタン合金用酸化皮膜除去剤
エスクリーンS-109 の特長

作業が容易

常温の液体に浸漬するだけで、容易に作業ができます。

素材の腐食を抑えて除去可能

チタンをほとんど腐食させずにテンパーカラーなどを除去することができます。

 

 

テスト実績例

ニッケルチタン製のコイル(医療用部品)をエスクリーンS-109(常温、10分)に浸漬して酸化皮膜を除去
岳石電気株式会社様より提供いただいた部材を処理しています。

処理前(200倍)

S-109,チタン,チタン合金,酸化皮膜,除去,処理前

処理後(200倍)

S-109,チタン,チタン合金,酸化皮膜,除去,処理後

チタン材をエスクリーンS-109(常温、15分)に浸漬して酸化皮膜を除去
お客様より提供いただいた部材を処理しています。

処理前

S-109,チタン,チタン合金,酸化皮膜,除去,処理前

処理後

S-109,チタン,チタン合金,酸化皮膜,除去,処理後

純チタン製ネジをエスクリーンS-109(常温、4分)に浸漬して酸化皮膜を除去
お客様より提供いただいた部材を処理しています。

処理前

S-109,チタン,チタン合金,酸化皮膜,除去,処理前

処理後

S-109,チタン,チタン合金,酸化皮膜,除去,処理後

純チタン材をエスクリーンS-109(常温、8時間30分)に浸漬して溶接焼けを除去
お客様より提供いただいた部材を処理しています。

処理前

S-109,チタン,チタン合金,酸化皮膜,除去,処理前

処理後

S-109,チタン,チタン合金,酸化皮膜,除去,処理後

用途例

S-109用途提案(メガネフレームの酸化皮膜除去)

[用途提案]

メガネフレームの
酸化皮膜除去

S-109用途提案(歯科矯正用ワイヤーの焼き付け皮膜除去)

[用途提案]

歯科矯正用ワイヤーの
焼き付け皮膜除去

エスクリーンS-109 (チタン・チタン合金用 酸化皮膜除去剤)

性状 無色~淡黄色の強酸性液体
該当法令・規制 医薬用外毒物、化学物質管理促進法
使用方法

【工程例】脱脂→水洗→酸化皮膜除去→水洗→乾燥

濃度:原液 / 温度:常温(15~30℃) / 時間:30秒~5分

設備・機械 耐熱性塩化ビニル、ポリエチレン製の処理槽を使用
※ガラス、陶磁器、ほうろう、その他けい素含有の容器は腐食性があるため使用不可
廃液処理

廃液:都道府県知事の許可を受けた産業廃棄物処理業者に委託
または廃液を5倍以上に希釈し、発熱、発泡防止のため10%消石灰スラリーを廃液1Lに対して10ML/分程度撹拌添加し、pH11以上にします
上澄み液:pH調整→BOD・CODを考慮して放流
スラッジ:産業廃棄物処理業者に委託

注意事項

・使用液は強酸性ですので、ご使用時には必ず保護眼鏡、保護手袋、防毒マスク等適切な保護具を着用し、眼・皮膚への接触および蒸気を吸入しないようにしてください
・取扱い時には排気装置を使用してください
・眼に入った場合は、直ちに清浄な流水でまぶたを指で開きながら15分以上洗眼し、必ず医師による処置を受けてください
・皮膚等に付着した場合は、直ちに衣類を脱がせ、付着部を多量の水で充分に洗い流し、医師による処置を受けてください
・蒸気を吸入した場合は、速やかに医師の処置を受けてください 状況により酸素吸入・人工呼吸が必要となります
・飲み込んだ場合は、水で口の中を洗わせたのち、牛乳を飲ませて、速やかに医師の処置を受けてください 無理に吐かせてはいけません
・保管時には必ず密栓をして直射日光を避け、換気のよい冷暗所に保管してください
・詳細については、製品安全データシート(MSDS)をご参照ください
・本品は医薬用外毒物に該当します(弗化水素2%含有)

 詳しくはカタログ をご覧ください。

 

サビ,酸化皮膜,素地への影響,密着性,めっき,塗装

 

お問い合わせ